top›定年後、個人事業の始め方

定年後、個人事業の始め方

<広告>

<広告>

(1)資本金を決める

会社を始めるとき、まず300万円、あるいは500万円と「資本金」を決めます。今 は株式会社も1円から作れる時代ですから、資本金はほとんどなくてもかまわないのです が、「これがすべてなくなったらやめる」といった覚悟を決めるためにも、やはりある程 度の資本金はあったほうがケジメになるでしょう。 会社組織にせず個人事業で始める場合にも、「これがなくなったらやめる」という意味 での「資本金」相当の金額をあらかじめ決めておきます。

(2)預金口座を開設する

起業と同時に会社の預金口座を作ります。会社組織を作らず個人事業として仕事を始め る場合は、普段使っている預金口座とは別の口座篭設けて、資本金に相当する「初期投資 額」をそこに預けることをお勧めします。事業収入はそこに入金されるように手配して、 そこから生活費を既存の日常生活用口座に移す形にして管理すると、事業の採算性が見え てくるからです。

(3)会計ソフトを導入する

個人の会社では、経理も自分で管理するのが基本です。会計の知識に自信がない人も、 本などで最低限の知識は身につけておくほうがいいと思います。ちなみに成功する人は数 字に強く、成功している会社の社長でバランスシートが読めない人はひとりもいません。 実際の計算は、会計ソフトを利用すれば簡単です。今はさまざまなソフトが販売されて いますが、小規模な事業なら「弥生」を使えば毎日の決算結果もすぐに出てくるので、ぜ ひ導入してください。

(4)税理士を雇う

株式会社にしても個人事業にしても、消費税などの支払いをどうするかをはじめとし て、税務署にさまざまな届け出が必要です。とくに消費税の計算は、原則課税を選択する か簡易課税方式を選ぶかなど、素人には分かりにくいことも少なくありません。少なくと も最初の1~2年はプロに任せることをお勧めします。税理士を雇うのは大ごとと思うか もしれませんが、基本的なことは自分で行ない、自分ができないことだけ依頼すれば、さ ほどの料金はかからずに依頼できるはずです。紹介してくれる友人、知人がいなくても、 ネットで探せます(ネット上でおおよその料金を提示している税理士もいます)。

(5)1年後に黒字転換しなければやめる

どんな事業にも初期投資(創業にかかわる経費)が必要ですし、仕事を始めてすぐに売 上が上がることも現実にはなかなか期待できません。初めの数ヵ月は赤字を覚悟してくだ た さい。個人起業の場合は、最初の半年間で軌道に乗せることを目指しましょう。1年経っ ても月次ベースの損益が黒字にならなければ、その事業は「失敗」と考え、潔く撤退す ることをお勧めします。資本金として口座に入金した初期の投資額が0になるか、1年後 に月次ベースで黒字転換しなければやめる。このどちらかをルールにすれば大きな痛手に はなりません。

<広告>

定年後の仕事探しナビ
ねんきん定期便を読み解く 日本の年金制度を考える 自分の年金を調べる 企業年金について考える
定年退職後の空白の5年間 雇用を促進する改正高齢者雇用安定法 65歳まで働くための継続雇用制度 60歳からの年金繰上げ受給の落とし穴
定年後に必要な資金は平均余命で計算する 定年後の生活資金 定年後の生活には1億円かかるって本当? 定年後の生活を支えるのは年金
毎月分配型の投資信託で定年後の生活費は補えない 定年後に気をつけたい毎月分配型の投資信託グロソフの欠点 定年後、毎月分配型投資信託の勧誘には気をつけよう 定年後にくるかもしれない親の介護
定年後の介護のあり方 定年後、介護施設の費用 定年後、介護施設の料金体系には注意が必要 定年後何歳まで働くか
定年後は再雇用か個人事業か 定年後に本当に頼れる資産 定年後に長生きしてしまうリスク 年金制度を活用することが定年後の生活設計には必要
定年後も働くのが正解 定年後、再就職でうつ病になるケースも 定年後仕事をしない場合の注意点 定年後、個人事業という選択
定年後の退職金を安易に運用してはいけない 運用で退職金を他人任せにするか個人事業で自分で管理するか 定年後、起業する中高年の強み 定年後の個人事業でこそ真の実力を発揮できる
定年後は起業適齢期 60歳以降も働いていても貰える雇用保険 定年後、借金をしてはいけない 定年後、今のデフレ時代に借金してはいけない
定年後、会社を起業する起業資金 定年後に喫茶店を起業する難しさ 定年後の起業では見栄をはると失敗する 定年後の起業は社長になりたいだけでは意味がない
地位の高い人も退職後は、見栄を張れば失敗する 定年後の起業ではバーチャルオフィスを活用しよう 定年後にはじめる個人事業の強み 定年後の個人起業は撤退のルールを決めておく
定年後、個人事業の始め方 定年後、起業したら企業倫理には気をつけよう 定年後、起業したらおいしい話に注意する 定年後、起業したら知らない分野に手をださない
定年後の起業は1年で黒字化しない場合は撤退する 定年後の起業は楽しむことも大切 定年後、個人起業する際の仕事選び5つの条件 金融資産の8割は60歳以上の人が保有している
定年後の個人事業に向かない人もいる 定年後の起業法 税務署へ届ける 定年後の起業法 株式会社を作る 定年後の起業法 法人税、事業税、消費税の納付方法
定年後の起業法 メルアド、ホームページを作る 定年後の起業法 バイク便、国際宅配便、カタログ事務用品を徹底活用    

<広告>

<広告>