top›定年後の介護のあり方

定年後の介護のあり方

<広告>

<広告>

介護は在宅か施設か。その問題を今一度ここで考えてみたいと思います。

高齢化社会に 突入した日本では、厚生労働省が在宅介護を推進しています。施設での介護より自宅での 介護のほうがより良い、という意味で推進しているのではありません。

現状では公的な介 護施設の数が足りず、財政難で今後も高齢者の数に見合う介護施設を造るのがむずかしい ので、在宅介護を勧めているわけです。

では、在宅介護の実態はどうなのでしょう。できる範囲で身内が介助しながら、足りな い部分をデイサービスやプロの訪問介護に頼っている、というケースが多いと思います が、やはりよく聞くのは家族の負担の大きさです。

「介護うつ」という言葉があるように、介護の中心を担う家族が精神的に追い詰められるこ とも社会的な問題となりつつあります。ベットからの起き上がりや車イスへ移るための介 助などで、介護している家族が腰など身体を痛めてしまうこともあるようです。

独居の高齢者、あるいは一緒に暮らす家族が仕事をしているという高齢者の場合、自宅 にいながら24時間他人の介護を受けるのも1つの選択肢かもしれません。

自分の望む介護をしてもらうために相手ととことん話し合ったり、場合によっ ては人を代えるのは当然のことなのですが、じつは日本人はこれが苦手です。介護される 側が介護してくれる人に気を遣っているケースのほうが多いような気がします。

一方、施設介護のメリット、デメリットを考えてみると、残念ながら先にデメリットが いくつか浮かびます。まずは慣れない環境にいきなり移ることによる不安やストレス。食 事面では好きなものが好きなときに食べられませんし、入浴も毎日は望めないのが一般的 です。

しかし、こうしたデメリットも、プロの介護スタッフが四六時中見ていてくれるという メリットの前に霞んでしまいます。介護はやはりプロに任せた ほうが安心です。

<広告>

定年後の仕事探しナビ
ねんきん定期便を読み解く 日本の年金制度を考える 自分の年金を調べる 企業年金について考える
定年退職後の空白の5年間 雇用を促進する改正高齢者雇用安定法 65歳まで働くための継続雇用制度 60歳からの年金繰上げ受給の落とし穴
定年後に必要な資金は平均余命で計算する 定年後の生活資金 定年後の生活には1億円かかるって本当? 定年後の生活を支えるのは年金
毎月分配型の投資信託で定年後の生活費は補えない 定年後に気をつけたい毎月分配型の投資信託グロソフの欠点 定年後、毎月分配型投資信託の勧誘には気をつけよう 定年後にくるかもしれない親の介護
定年後の介護のあり方 定年後、介護施設の費用 定年後、介護施設の料金体系には注意が必要 定年後何歳まで働くか
定年後は再雇用か個人事業か 定年後に本当に頼れる資産 定年後に長生きしてしまうリスク 年金制度を活用することが定年後の生活設計には必要
定年後も働くのが正解 定年後、再就職でうつ病になるケースも 定年後仕事をしない場合の注意点 定年後、個人事業という選択
定年後の退職金を安易に運用してはいけない 運用で退職金を他人任せにするか個人事業で自分で管理するか 定年後、起業する中高年の強み 定年後の個人事業でこそ真の実力を発揮できる
定年後は起業適齢期 60歳以降も働いていても貰える雇用保険 定年後、借金をしてはいけない 定年後、今のデフレ時代に借金してはいけない
定年後、会社を起業する起業資金 定年後に喫茶店を起業する難しさ 定年後の起業では見栄をはると失敗する 定年後の起業は社長になりたいだけでは意味がない
地位の高い人も退職後は、見栄を張れば失敗する 定年後の起業ではバーチャルオフィスを活用しよう 定年後にはじめる個人事業の強み 定年後の個人起業は撤退のルールを決めておく
定年後、個人事業の始め方 定年後、起業したら企業倫理には気をつけよう 定年後、起業したらおいしい話に注意する 定年後、起業したら知らない分野に手をださない
定年後の起業は1年で黒字化しない場合は撤退する 定年後の起業は楽しむことも大切 定年後、個人起業する際の仕事選び5つの条件 金融資産の8割は60歳以上の人が保有している
定年後の個人事業に向かない人もいる 定年後の起業法 税務署へ届ける 定年後の起業法 株式会社を作る 定年後の起業法 法人税、事業税、消費税の納付方法
定年後の起業法 メルアド、ホームページを作る 定年後の起業法 バイク便、国際宅配便、カタログ事務用品を徹底活用    

<広告>

<広告>